のほほん一姫二太郎育児〜by●ごん●

アクセスカウンタ

zoom RSS 負けず嫌い

<<   作成日時 : 2017/06/15 20:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

娘の話(備忘録)ばかりつづいたので、息子の話。


息子の性格は と聞かれたら、「負けず嫌い、でも、甘えん坊」。


甘えん坊なのは、私が下の子だからとどうしても大目に見てしまう。
そうじゃなくても、お母さんにとって男の子はかわいいというじゃないですか。
まさに、まだまだベビーフェイスで、ベビーヘアの延長にいる息子でちょーかわいいです。
あ、ベビーフェイスなのは、たぶん、顔が丸いせいだと思うけど。


そんな息子ですが、ちょうど1年前ぐらいから、遠視のため眼鏡をかけています。

娘が近視のため、小1の2学期から眼鏡をかけているのですが、元々メガネを度数強く作ってないし、眼科健診で毎回ひっかかります。

眼科へは、何もなくても年3回行くんですが、学校で紙をもらったらいかねばならず、眼科へ行く前に家でどれぐらい見えてるんだろうと確認してみたんです。

ついでに息子も遊び半分でやったら、1.0が見えなかった・・・。

3歳児検診は特に指摘なく、年中の時に市から用紙が配布され、家でチェックしてくださいの確認のときも、問題なかったのです。

一緒に眼科に連れて行き、5歳になったばかりでもう近視!?とか思っていたら、息子は乱視性遠視 でした。
幸い、矯正視力が1.0は出るので、弱視ではなく両眼視もできていました。

ただ、若干視力の悪い右目が、両眼視の時に左目に頼るので調節性内斜視があるとのこと。
先生と一緒に、真正面から一緒にみても、素人の私には内斜視になっているのかどうかわからない程度です。

ちなみに、パパはPCばかり見るようなお仕事ですが、いまだに、正視です。
でも、実は、小さいとき、若干遠視だったんじゃないかと私は疑ってます。

遠視は、眼球が小さいために起こるので、成長とともに眼球が大きくなれば視力が回復することが見込まれると聞いたので、パパが遠視だった可能性は大いにあり!

近視の娘は、残念ながら、成長とともに、眼球が大きくなり、視力がさらに悪化するのはしょうがないとのこと・・・せめて、それ以外の悪化因子をとりのぞけるようにがんばるしかないと。
私が強度近視+乱視なので、娘は完全に私に似たんだなぁ。


さて、息子は、元々私に似ている顔立ちなのですが、眼鏡男子になってからは、幼い顔がちょっとだけ、マシになってきて、さらに私に似てきました。
そして眼鏡をかけている娘にも雰囲気が似てきました。
パーツパーツをみると、息子と娘(パパ家の顔立ち)は似てないんですけどね。


話は戻りますが、息子の性格の一番といったら 負けず嫌い!


お姉ちゃんと競争するのはもちろん、それでよくけんかになります。
幼稚園、学校でのゲームやドッチボール大会やかけっこでも、1番や優勝でないとうるさいです。

この前、学校の授業を見に行ったら、発表する機会には、一番に手をあげ、一番にあててもらうように狙ってました。

幼稚園が一緒だった女の子も、手をあげるときになると、先生に
「ほらほら、K(息子の名前)、K(息子の名前)が手をあげてる」
と一緒にアピールしてくれる始末苦笑
*女の子自身は手をあげない。


負けず嫌いで、負けたときにワーワーいって泣いたりするのは直してほしい点だけど、それ以上に、何事にも頑張る意欲につながっているのがいいかなと思ってます。


ちなみに、娘の性格は、一言でいうと 真面目ちゃん かな(笑)。
まぁ、3,4年になってからは、真面目ちゃんから、一呼吸おいて、気を抜くことを覚えたようですが。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

負けず嫌い のほほん一姫二太郎育児〜by●ごん●/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる