病院の日

今日は、私の持病通院日。


引っ越したから、大学病院が遠いのよ~。

車だと、1時間あればつきそうです。それでも1時間。
走ったことがない道が多く、自宅から行くのは
今回限りかも(実際は違ったー)ってことで車はやめました。


朝10時に義母にきてくれました。
いつもは義両親2人できてもらうのですが、今日は、義父は
体調が悪く、一人でした。
最近、○ちゃんは自我子ちゃんだからな、1人で大丈夫かな~。


しかも、今日は東京、横浜など首都圏はとっても寒いのです。
みぞれまじりな日に、私も外出なんてついてない。


一通り、伝言して、私は10:30すぎに出発。
電車を横浜で1度地下鉄に乗り換え。その後、地下鉄の最寄駅から
バスで30分弱。やっぱ、遠いなぁ。12:20ぐらいにつきました。


尿、血液検査を出して、お昼を食べて、本を読みながら待ち。
今日は、主治医が混んでいて、よばれたのが、14:30。


検査結果は、まぁ、ここ最近と同じ感じ。
正常値内(健康な人より高め)だったり、正常値より少々高めだったり。
自覚症状もほんのちょっとあるぐらいだけ、気にならない程度。
薬は飲まないでこれぐらいなので、主治医には2人目ももうOKだよと
Goサインをもらってます。


先生に4月から職場復帰だっていったら、「大丈夫かな~?」
そして、同級生の子供を持つ先生だからか、「今、育児も大変でしょう。
疲れないよう無理しないで下さい」だって。
はい、2時間時短勤務しますから、ほどほどにやってみます。


ってことで、次は5月末。
ついでに、1年に1度ぐらい受けたほうがよいって言われたので
眼科も予約して帰ってきました。


内科だけだと、午後休で会社から直接行くのですが、
眼科も行くので、次回は、1日休みで自宅から行くことに。
(やっぱり、車の道を練習しようかな~)
そして、次回からは、保育園に預けていくだろうから、
もう義両親にきてもらうことはない話を朝、してたら、
残念だわっていってました。



病院からの帰りは、義母が1人で待ってるから遅くとも
これには乗りたいと思っていたバスに間に合わず、
次のバスも間があいてるので、最寄り駅までタクシー。
家についたのは、16:30でした。


玄関をあけようとすると、義母が○ちゃんを抱っこして玄関で待ち構えてました。


どうしたんだろーというと、義母のあわてて困った様子。
「○ちゃんが、絵本を持っていたんだけど、絵本を落として、体勢も
 くずれたら、ちょうど絵本が立った状態になって、
 絵本の角で、目を打ったの。どうしよう~。」
と。


私が帰宅する直前のことだったらしいですが、
玄関では、○ちゃんは泣いてませんでした。
でも、やっぱり、私の顔をみて、泣き始めました。


左目の下まぶたがちょっと切れていて、腫れ気味。
そして血も少々にじんでました。
心配なのは、目です。ぱっと見、白目もきれいだったのですが、
やはり、切れたまぶたを触ってばい菌とかも心配だし、
目も見てもらおうと思って、眼科へ行くことに。


義母も心配なので一緒に行くというので、3人で眼科へ。


診察では、やっぱり、先生の顔をみた途端泣き出しました。
目をみてもらったけど、大丈夫そうでした。
まぶたが切れてるので、軟膏と、抗生物質の目薬をもらいました。


このぐらいの子の視力(左右の差がないか)のチェックの仕方を
おしえてもらいました。
片方ずつ、手で覆い隠して、いやがる方があったら、
子供は見やすい方を隠すといやがるので、
覆い隠してない方が、見づらいってことらしいです。

とりあえず、大丈夫そう。っていうか、どちらもなんか
まともにやらせてくれませんが...


1週間様子をみて、何か、まだ気になったら、また来てくださいだって。


義母は、薬局で薬をもらった後、ようやく緊張が解けたと
いって、薬局にあるお茶を飲んで、一息ついてました。
義母は、責任を感じていたんだろうなぁ。


よちよち歩きの時期は、危険なものがいっぱいですね。
私も気をつけないと。


よければ、ぷちっと
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
押してください。