のほほん一姫二太郎育児〜by●ごん●

アクセスカウンタ

zoom RSS 私と正反対な息子

<<   作成日時 : 2018/04/19 21:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、息子の授業公開・懇談会へ行ってきた。
*明日は、娘の方がある。

担任の先生は、40代後半の教務主任の女の先生(たぶん、次の異動で副校長になりそうな感じの先生)。
1年の時は、面白くておおらかな男の先生(40代後半〜50前後?)だった。


内容は、国語の教科書の音読発表会。

恥かしがり、練習の時より声が小さかったり、抑揚があまりつけられない子がいる中、息子、声デカいし気持ちもこもってる!
各班の音読スタートの合図も先生が決めてくれたものがあるのだが、なぜか息子が、毎回前に出てきて、
「せーの」と掛け声かける。

後からきくと、先生に任されたといっていたが。
     

幼稚園の時も、実はそんな感じで、急きょ病欠の子の役、しかも主役、だれも代役になる子がいない中、僕がやるといってやったり、在園児代表の送辞をやったり・・・。
学校のイベントで、クラスの代表を選ぶときも、いつも立候補するらしい、が、いつもじゃんけんで負けるらしく2年では何か代表やりたいんだと言っていた。

他のママからも、息子がムードメーカーみたいなタイプで意外だったーと言われた。
そのママのお子さんは初めて同じクラスになったのだけど、息子はよく発表してるんだと言ってたそうな。

いやはや、私からこんな子が生まれるとは。私の子供の時とは正反対ですわ(旦那も私と同じタイプだったらしい)。
*今の私は昔ほどでもないです。


そして、息子、負けず嫌いで、競争となると一番狙い。
例えば、計算プリントでもそうだけど、学校の教室へ入るのも、体育で着替えるのも・・・。
いいことではあるけれど、プリントだとかは、もっと字をきれいに書いてほしい。


ちなみに、家でも、娘と争う。
娘が6年の算数をやっているところへいって、僕もわかるといって、答えをいう。娘が先に言わないでと言う。
それがまた意外に正解だったりしてびっくりする。
*娘と一緒に、19chの番組をみていたからわかるんだと娘がいっていた。


でもでも、意外に繊細だったりもする。
先々月、怖い夢をみたといって吐き気を催して夜中におきた。その日はそれからあまり眠れなかった。
それがほんとに怖かったらしく、それからしばらく一人で布団にいけなくなったり、食欲が落ちたりして、体重も落ちたりしたことがある。完全に戻るのに3週間ぐらいかかった気がする。


さて、明日は娘。
娘の態度はまぁまぁ予想がつく(息子ほどではないけど、発表もするし、クラスの代表にもなりたがる)ので、授業よりも、懇談会が聞きたくていくようなもんだけどね。
娘の担任は、1年生の時以来の男の先生。30代半ばの先生で、娘の学年は、2年連続受け持つ先生。

2,3,4年と、女の先生が続いたけど、どの先生も、家庭訪問の時、「すごくまじめで・・・」という一言が最初に出てきていた。この担任の先生にはどううつるのかなぁと楽しみ。*うちへの家庭訪問は、2日にあります。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

私と正反対な息子 のほほん一姫二太郎育児〜by●ごん●/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる